小さなお花屋さんから

hanayaposy.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 07日

みーちゃんを抱っこ

みーちゃんが亡くなった日、朝の8時45分。

先生の都合で、病院は11時40分の予約になっていた。
一晩中苦しむみーちゃんを見ていられず、朝方先生に電話して、点滴だけでも早めにしてくれないかとお願いした。

先生は、今来るんなら入院でもう家にはかえれませんと。
時間通りに来るなら通院できると言った。

絶対に通院したいので、何とかムリいって9時の診療にしてもらって、病院へ急ぐ準備をしている所だった。

ひどい痙攣が始まり、息も絶え絶え。
次の瞬間、大きく伸びをして大きなため息をついたみーちゃんは呼吸をしなくなった。

私たちはうろたえて、みーちゃん、みーちゃん!と叫び、酸素ルームから出して、口に直接酸素の管を入れて酸素を送ったが、何回かピクピクッとしただけで、みーちゃんの瞳孔は開いたまま。

夫は心臓マッサージをしていたが、心臓にちゃんと届いていたかどうか・・・

私が引き続きみーちゃんを呼びながら、心臓マッサージを続けている間、夫が先生に電話した。

呼吸が止まったような感じがするんですが、もう死んじゃったのですかね?
今から連れて行って、延命処置ってしてもらえるんなら今からすぐに行きます。と言ってた。

先生は判断に困るようなら連れて来てくださいと言った。

一度電話を切って、様子を見る。


みーちゃんはピクリともしなくなった。

そのうち、ピンクだった鼻や口がみるみる紫色になってきた。

それを見た時、死んじゃったと思った。


それから先生に電話して、もう亡くなったと思うので、病院へは行かないと言った。

先生に、口と目を閉じさせるのはどうしたらいいか聞いたら、無理なようなことを言っていた。
人間でも閉じない場合は接着剤でとめたりするらしい。

私はみーちゃんの口の汚れを拭いてやり、体についた汚物もきれいに拭きとった。涙をふいて、体全体をふいてやった。その時、軽く目を何回か手で閉じさせた。
口も同様に。

すると亡くなってしばらくは口も目もあいてたみーちゃんが、突然口も目も閉じてきた。
紫色だったお鼻もピンク色に変わってきた。

さっきまで苦しんでいた表情と変わって、いつもどおりの穏やかなみーちゃんの顔。

まるで眠っているみたいで、悲しくなって泣いた。
みーちゃんの体にすがりついて泣いた。

それからみーちゃんをお気に入りのクッションに寝かせた。
いつも寝ていたベッドは、死んじゃった時に寝ていたから、吐いた物がついていて、みーちゃんが冷たいだろうから別にした。

まるで眠っているみたいなみーちゃん。
時々、お腹が呼吸で波打っているような、ヒゲが動いたようなそういう気がしてみーちゃんと呼んで見たけど、やっぱり動かなかった。

そして、みーちゃんをこれからどうするか話し合った。

先生に何箇所か紹介してもらっていたけど、HPとか見てぴんと来なかったので、別に探す。

夫は翌日は仕事だったので、夜も葬儀してくれる所・・・を探して、枚方動物霊園に5日の8時に予約した。

4日の日は、まずみーちゃんの好きだった物を買いにいった。
みーちゃんに最後のお留守番だねと言いながら。

みーちゃんはかつお節、シーバ、キャラット、どら焼き、生クリームのワッフル、アイスクリームが好きだった。
特にあんこやクリーム、アイスクリームも食べていたらすごい欲しがっていたが、ちょっとなめさせるだけにしていたから、たくさんお供えしてあげた。

それから代りばんこで抱っこ。

みーちゃんは抱っこが大好きな子だった。

私の顔を見ると、抱っこして欲しがった。

私が家事の合間にちょっと座ると、どこからともなくやってきて、ひざの上に抱っこされに来ていた子だった。

そんな抱っこねこだったみーちゃんは、最期に抱っこしてもらえなかったから、お葬式までの2日間、ずっと抱っこしていてあげようと思った。

ひざの上で眠っているようなみーちゃん。

いつもと変わらず、みーちゃんの毛並みは柔らかく、艶やかだった。

こんなに柔らかく、まだ温かいのに、みーちゃんが死んでるなんて・・・

撫でても、顔や首筋に顔を埋めても、みーちゃんの匂いはするけどゴロゴロが聞こえない。
大きなちがいだなとおもった。
[PR]

by posy-bouquet | 2008-02-07 12:39


<< みーちゃんと眠る最後の日      みーちゃんありがとう >>