小さなお花屋さんから

hanayaposy.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 10日

初七日

昨日は奈良は大雪だったけど、今朝は晴れてて雪も昼には溶け出していた。

今日はみーちゃんの初七日だった。

いつもどおり、みーちゃんのキャラットを温めてお供えし、お水も新しい物をたっぷりと供えてお線香をあげた。

今日はお経をあげてあげたいと思い、ネットで「お経 聴く」で検索してみると、意外にもたくさんヒットした。

その中から、宗派はともかく、読経の声が心地よかった高野山のお経を流してみーちゃんの初七日を行った。

普段、お経なんて退屈で興味もなかったが、お経を流しながらみーちゃんに無心で手を合わせていると、とても心が落ち着いて空気が澄んだような気がした。

昨日の夜、初めてみーちゃんが夢に出てきた。
正確に言うと、出てきたような気がする。

寝たのか寝る直前だったか、目をつぶっているとお母さんのことを思いだした。

ああ、お母さんだったらみーちゃんのことも知っている。
みーちゃんも私のお母さんだったら一緒にいて寂しくないんではないかなと思った。

そしたら、若かりし頃のお母さんが笑って立っていて、みーちゃんがお母さんの所に走っていって、お母さんがみーちゃんをとてもなれた感じで抱き上げた。
私の方を見て、ニコニコ笑いながら立っている。
みーちゃんもすごく落ち着いた様子で抱かれていて、なんとなく私もよろしく頼む、という気持ちでそれを見ていた。


お経を聴きながら手を合わせていると、その場面が思いだされて、夫に言うとみーちゃんは行くべきところに行くことが出来たってことじゃないかと言っていた。

思えばお母さんだけでなく、みーちゃんのお母さんや姉妹や、今まで飼っていた猫、ラグちゃんなど、お迎えしてくれているんではと思い、みんなに向かって手を合わせた。


それから今日は、夫とみーちゃんの思い出話をしながらお酒を飲んだ。

思いだすのは楽しかったことばかり。
でもみーちゃんはどんくさい子だったので、夫の方はどんくさかったエピソードの方が思い出深かったみたいで笑った。

どうしても、病気や病院の事に話しが及ぶと悔しくて涙が出たが、楽しくみーちゃんを送ってあげられたと思う。
[PR]

by posy-bouquet | 2008-02-10 23:12


<< 高齢猫の病気について      プチ楽市 >>